消防訓練

大谷整形外科では1年に1度消防訓練を行います。

 

内容は『通報訓練』『避難訓練』です。

 

防火管理者のもと、訓練計画で想定していた

 

2階の火災場所を確認後、受付職員は消防機関に通報して

 

もう1人は全体に火事が起こった事を知らせる。

 

各部所が声を出して患者様を安全に誘導して

 

外に避難します。

 

2階リハビリ室では自力で階段を降りる事が

 

難しい患者様を想定し、担架で移動のシュミレーションも実行。

 

そして出口に殺到して、パニック状態が起こらない様に

 

階段に誘導員の配置。

 

看護師は救急バッグを持ち、避難されたケガ人の対応。

 

避難場所で各部所のリーダーが点呼し無事に訓練を終えました。

 

少しでも皆様に安心してご利用いただけるよう

 

日々、環境づくりに努めて参ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました